無料相談について知ってもらいたいこと(その3)図面編。

若くて実績も少ない我々に設計を依頼するということは、
リスクがあることだと思います。
無料相談の1回目のプレゼンテーションでは、
我々の「熱意と誠意を持って取り組む姿勢」
を提案を見ることで判断して頂けるように提案をしています。

初回プレゼンテーションは、お互いの価値観をすり合わせるお時間だと
思って頂けると幸いです。

図面の提案について

初回の無料相談では、ゲンジアーキはインタビュアーのように、
お客様の要望をヒアリングするようにしております。

例えば、趣味や好きな食べ物等のことから、朝は何時に起きて何時に寝ますか?
というような生活スタイルもお聞きすることがあります。
どんなささいなことでも、お話をして頂くことで
設計のアイディアを膨らませることができるからです。

そのお話頂いた内容を元に、
約1〜2週間ほど頂いて図面のプレゼンシートをつくります。

その期間の中で、容積率、建ぺい率、高さ制限等、
その敷地にかかる建築基準法上の制限を確認しています。
初回のご提案では1案か多くても2案にするようにしています。

図面にはなるべく、色をつけています。
これは、見た目でわやかりやすく、
空間がイメージできるようにあえてそうしています。

またサイズは1/100のスケールでプレゼンすることが多いです。
A3用紙1枚に図面が納まっているほうが、
目線があっちにいったりこっちにいったりせずに、
図面に集中して見てもらえるかなと思っているからです。

また、場合によっては、内観のパースも作っています
これも空間のイメージができるように作っているのですが、
私たちが提案する際に楽しくなってしまっているので、

本当は時間がかかる作業なのですが、
勢いで作っていることもよくあります。笑

案1つ1つが、自分たちから生まれてきた「我が子」のようなものなので、
それぞれの案に愛情もって作業していると、ついあれもこれもと
作業してしまうこともあります。笑

あなたはどのタイプですか?

お施主様によっては、

「1案じっくりと考えられた図面がほしい。」

というお願いをされるお施主様もいれば、

「いろんな案を見てみたい。」

というお客様もいます。

所内での議論の末、基本は1案か2案をベースに検討するのですが、
いろいろな案を提案する場合は4案とか、つくることもあります。
あまり案を出し過ぎると、お施主様も案を選ぶことがむずかしくなるので
おすすめは「2案程度」がベストなのかな。と考えるようにしています。

まとめ

やはり、図面を最初のプレゼンで提案する時が私たちにとっても
一番緊張する瞬間です。

気に入ってもらえるかな?説明はうまくできるかな?
とプレゼンの前の夜は不安になります。苦笑

しかし、せっかく我々と一緒に家づくりを考えて頂いている限りは、
作業が無駄になろうとも1案1案全力で提案をしていきたいと思っています!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロジェクト

↓ゲンジアーキ横浜HPはこちら↓

PAGE TOP